軒並み軟調。

週明け2月5日の仮想通貨市場は依然として軟調。

先週末にはコインチェック社が「日本円出金の再開の見通しについて」をアナウンスしており、事業継続の見通しは立っているものと憶測されるため、一安心といったところではないでしょうか。

しかしながら、テザー社疑惑の燻りもあり、2月6日にアメリカ上院議会の公聴会が実施されることで、証言次第では大きな動きとなるとの警戒感から手控えムードのようです。

また、3月のG20においても、仮想通貨の規制が議論されているため、4月頃までは軟調な相場が続く可能性があります。

一日一回、ポチっとして頂けませんか!!
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ